俺の人生シャコガイルかよ

DMのデッキ解説あたり載せる予定

マークロ基本講座その1『ストックの維持』

f:id:Syamoji:20190821013505j:image

こんにちは、杓文字です。

今回はマークロの基本ルートである「ストックの維持」についての解説です。

ストック維持にはベルヘルデスカルやヘブンズゲート、バラギアラなどを使用したルートもあるのですが、今回は最もスタンダードな

・「アトランティス(以下アトラン)」

・「スパイナーなどの9コスのトリガークリ(以下スパイナー)」

・「フォースアゲイン(以下アゲイン)」

・「転生スイッチ(以下スイッチ)」

・「目的不明の作戦(以下作戦)」

・「ロジックスパーク系のサーチもしくはクリスタルメモリー(以下ロジスパ、クリメモ)」

これらのカードで出来るもののみを取り上げます。

また、各項には「そのルートの用途」と「次回取り上げる無限待機への接続方法」を、また一部のルートには「ルートを変形させて別のことに使う方法」をそれぞれ載せておきましたので各々の理解に役立てていただければ幸いです。

また、どうしてもわからない場合はTwitterのDMに連絡をいただければどなたでも対応いたしますのでお気軽にどうぞ。

 

以下、各ルートの解説です。

 

①アトラン、アゲイン、スイッチを1枚ずつ使うルート

【用途】

・マークロとミラスタのストックを維持する

・トリガー付きクリーチャーもしくはオーラを回したり手札に戻す。

・コストが4もしくは5以外のトリガー呪文を回したり手札に戻す。

 

【初期盤面】

f:id:Syamoji:20190821010605j:image

場:マークロもしくはミラスタ

手札:アトラン、アゲイン、スイッチ、マークロもしくはミラスタの場に出ていない方

※以下の手順はマークロが場に出ている場合のルートです。

ミラスタが場に出ている場合も手順自体は変わりませんので、マークロをミラスタ、ミラスタをマークロと読み替えてください。


【手順】

⑴マークロ効果でアトラン、アゲイン、スイッチを宣言

⑵アトラン召喚

⑶アゲインをマークロに当てる

⑷スイッチをアトランに当て、手札からミラスタを出す

⑸アトラン効果でマークロを指定、ミラスタをバウンス

⑹ミラスタ効果で墓地のアゲインとスイッチ、その他回収したい呪文を回収

→初期盤面


【解説】

ストック維持ルートの中で最も簡単なもので、アトランが多めに積まれた構築では比較的よく合流します。

8コスのアルスパを回してフィニッシュループに出来るほか、6コスの光魂やシャナバガン、3コスのロジック系の呪文などを回して無限ドローをしたり、スパイナーや罠の超人を回してドルマゲドンを解体することが出来たりとなかなか汎用性の高いルートです。

 

【無限待機への接続】

無限ドローなどから

・作戦+ロジック系もしくはクリメモが手札に入る

・作戦+光魂が手札に入る+山札をボトムのスイッチのみにする

のどちらかで無限待機の初期盤面になります。

 

【①の変形ルート】

【用途】

・手札の枚数がギリギリな時、元から盾にあるトリガーを使って①のルートを利用した無限ドローなどへ移行する。

 

【初期盤面】

f:id:Syamoji:20190821010605j:image

場:マークロ

手札:ミラスタ、アトラン、アゲイン、スイッチ

 

【手順】

⑴マークロ効果でアゲイン、スイッチを宣言し、アトランと他の盾を入れ替え、ハンドを減らさないトリガーもしくはコストが4と5以外の呪文ならばそれも宣言

⑵アゲインをマークロに当てる

⑶スイッチをマークロに当て、手札からミラスタを出す

⑷宣言したトリガーがあるならばここで使用する

⑸ミラスタ効果で墓地のアゲイン、スイッチ、可能ならば⑷で唱えた呪文を回収

⑹マークロ効果で⑴で回収した盾のカード、あるいは⑷で手札に加わったカードとアトランを入れ替え、アトラン、アゲイン、スイッチを宣言

⑺アトラン召喚

⑻アゲインをミラスタに当てる

⑼スイッチをアトランに当て、手札からマークロを出す

⑽アトラン効果でマークロを指定、ミラスタをバウンス

⑾ミラスタ効果でアゲインとスイッチを回収

→初期盤面

 

【解説】

①のルートの開始時に場にいるクリーチャーがマークロとミラスタどちらでも問題ないことから、スイッチを食らってミラスタになる役をアトランではなくマークロにやらせることでその分のハンドを他の盾と入れ替えることが出来ます。

使用頻度はあまり高くないですが覚えておいて損はないルートです。

 

②アトラン、スイッチ、作戦、ロジスパもしくはクリメモを1枚ずつ使うルート

【用途】

・アゲイン無しでマークロとミラスタのストックを維持する。

・トリガー付きクリーチャーもしくはオーラを回したり手札に戻したりする。

・コストが7とロジスパの場合は3、クリメモの場合は4以外のトリガー呪文を回したり手札に戻したりする。

 

【初期盤面】

f:id:Syamoji:20190821010640j:image

場:マークロ

手札:ミラスタ、アトラン、スイッチ、作戦、ロジスパもしくはクリメモ(以下サーチ呪文)


【手順】

⑴マークロ効果でアトラン、スイッチ、作戦、サーチ呪文を宣言

⑵アトラン召喚

⑶スイッチをマークロに当て、手札からミラスタを出す

⑷作戦から唱えたスイッチをアトランに当て、手札からマークロを出し、スイッチをボトムへ

⑸サーチカードでボトムに行ったスイッチを回収

⑹ミラスタ効果で墓地のサーチカードと作戦を回収

⑺アトラン効果でマークロを指定、ミラスタをバウンス

→初期盤面


【解説】

アゲイン無しでストックを維持するルート。

アルスパや光魂を回したりと基本は①のルートと同じですが、5コストのガールズジャーニーなどを撃てたりシャッフの4宣言を貫通するのが特徴です。

また、万が一GODと対面してチュートピアを投げられてもこのルートと③のルートは回せるので覚えておくともしかしたら役に立つかもしれません。

 

【無限待機への接続】

無限ドローなどから

・アゲインが手札に入る

・9コス以上のトリガークリ+スイッチの2枚目+そしてマークロもしくはミラスタの2枚目が手札に入る

のどちらかで無限待機の初期盤面になります。

 

③スパイナー、作戦、ロジスパもしくはクリメモを1枚ずつとスイッチを2枚使うルート

【用途】

・アゲインとアトラン無しでマークロとミラスタのストックを維持する

・スパイナーの効果を無限に使って盤面を更地にする

・コストが5と7、そしてロジスパの場合は3、クリメモの場合は4以外のトリガー呪文を回したり手札に戻したりする。

 

【初期盤面】

f:id:Syamoji:20190821010657j:image

場:マークロ

手札:ミラスタ、スパイナー、スイッチ2枚、作戦、ロジスパもしくはクリメモ


【手順】

⑴マークロ効果でスパイナー、スイッチ2枚、作戦、サーチ呪文を宣言

⑵スパイナー召喚

⑶スイッチをマークロに当て、手札からミラスタを出す

⑷スイッチをスパイナーに当て、手札からマークロを出す

⑸作戦から唱えたスイッチをミラスタに当て、バウンスするが何も出さずにスイッチをボトムへ

⑹サーチ呪文でボトムのスイッチを回収

⑺ミラスタ効果で墓地の作戦、スイッチ、サーチ呪文を回収

→初期盤面


【解説】

②のルートの応用で、「スイッチを受けるでかいトリガークリ」と「ミラスタをバウンスする」というアトランの役割をそれぞれスパイナーと2枚目のスイッチに分けて行わせたルートです。

アトランの枚数が少ない構築では結構な割合でこのルートに合流させるので必ず覚えてください。

また、一応ラッキーナンバー10宣言を貫通できるルートでもあります。

 

【無限待機への接続】

無限ドローなどから

・アゲインが手札に入る

・アトランとマークロもしくはミラスタの2枚目が手札に入る

のどちらかで無限待機の初期盤面になります。

 

④アゲイン、作戦、ロジスパもしくはクリメモを使うルート

【用途】

・アトランや複数のスイッチを引き込めず、盤面のミラスタを手札に戻すことが困難な際にマークロとミラスタのストックを維持する

・コストが7とロジスパの場合は3、クリメモの場合は4以外のトリガー呪文を回したり手札に戻す。

・唯一のスイッチ無しルート(シャッフの5宣言貫通)


【初期盤面】

f:id:Syamoji:20190821010710j:image

場:マークロ、ミラスタ

手札:アゲイン、作戦、ロジスパもしくはクリメモ


【手順】

⑴マークロ効果でアゲイン、作戦、サーチ呪文を宣言

⑵アゲインをマークロに当てる

⑶作戦から唱えたアゲインをミラスタに当て、アゲインをボトムへ

⑷サーチ呪文でボトムのアゲインを回収

⑸ミラスタ効果で墓地の作戦とサーチ呪文を回収

→初期盤面


【解説】

盤面にマークロとミラスタが並んだ時に出来るルートです。

アトランの枚数が少ない構築だとかなりの頻度で合流させるのでこちらも必ず覚えてください。

また、このルートの存在からシャッフの5宣言ケアのためにミラスタを召喚しておくプレイが成立することがあります。

もっとも、最近のシャッフはデッドダムドになってミラスタを飛ばしてくることが多いため以前よりも有効性は下がってしまいましたがそれでも覚えておいて損はありません。

 

【無限待機への接続】

無限ドローなどから

・アトラン、スイッチが手札に入る

・スパイナー、スイッチ2枚が手札に入る

のどちらかが出来た場合、一度スイッチでミラスタを戻すことで無限待機の初期盤面に合流します。

 

 

今回の講座はこれで終わりです。

次回は躓く方が非常に多い「ストックの無限待機」を扱いますが、ストックの維持を理解出来ていればそこまで難しいものではありませんので1人回しなどで理解を深めておくといいですよ。

それでは〜

趣味の猿ループ『トレマでデンジャデオンループ』

f:id:Syamoji:20190507024534j:image

時代を履き違えた。

Twitterで画像のリストのループルートについて聞かれたので。

自分用のメモみたいな感じなので雑めです。

もっと言うとほぼけむ (@Kei_HarunoFlora) | Twitterさん(緑の神様みたいな人)のブログのルートの応用なのでこちらも是非↓

猿ループリペア~グレイトフル型~ - ジャパンとけいむーの雑談

 

 

共通初期盤面

f:id:Syamoji:20190511002703j:image

・盤面:3軽減(強制軽減1まで)、クリ3体以上

・山札:5以下

・手札:猿、トレマ4、デンジャデオン

・マナ:鎖風車、バッタ、スコップ、サンマ、ナップ、マリニャン、タップしているオチャ

 


《#1トレマを墓地に置くループ》

⑴ナップタップ、猿召喚

⑵サンマタップ、トレマを空撃ち

⑶スコップタップ、マナからナップ

⑷サンマタップ、マナからナップの上にサンマ、自身をマナに

⑸サンマタップ、マナからスコップ、猿をマナに

⑹猿タップ、マナからスコップの上に鎖風車、マナから猿とサンマを回収

⑺バッタタップ、マナから鎖風車の上にバッタ

⑻オチャタップ、バッタの上にサンマ召喚、自身をマナに

→最終的に手札のトレマが1枚墓地へ。これをあと3周行う。

 


《#2墓地のトレマをマナに置くループ》

⑴スコップタップ、猿召喚

⑵サンマタップ、マナからオチャ、墓地のトレマをマナへ

⑶鎖風車タップ、マナからオチャの上にサンマ、自身をマナに

⑷サンマタップ、マナからスコップ、猿をマナに

⑸猿タップ、マナからスコップの上に鎖風車、マナから猿とサンマを回収

⑹バッタタップ、マナから鎖風車の上にバッタ

⑺オチャタップ、バッタの上にサンマ召喚、自身をマナに

→墓地のトレマが1枚マナに。これをあと3周行う。

 

《#3トラップ黙示録を使う》

⑴マナの任意のパーツ8枚をタップしてトラップ黙示録、盾か場を飛ばす

⑵マナの任意のパーツ1枚をタップして猿召喚

⑶残った最後のパーツ1枚をタップしてマナからナップ、バッタとマリニャン、サンマをアンタップ

⑷サンマタップ、マナからナップの上にサンマ、自身をマナに

⑸サンマタップ、マナからスコップ、猿をマナに

⑹猿タップ、マナからオチャ、墓地のトラップ黙示録をマナへ

⑺トラップ黙示録タップ、マナから風車、トレマ4、トラップ黙示録、猿、サンマを回収

⑻バッタタップ、マナから鎖風車の上にバッタ

⑼ナップタップ、バッタの上にサンマ召喚、自身をマナに

⑽スコップタップ、猿召喚

⑾サンマタップ、マナからオチャの上にサンマ、自身をマナに

⑿サンマタップ、マナからスコップ、猿をマナに

⒀猿タップ、マナから鎖風車、ナップとサンマ、猿を回収

⒁バッタタップ、マナから鎖風車の上にバッタ

⒂オチャタップ、バッタの上にサンマ、自身をマナに

⒃スコップタップ、猿召喚

⒄サンマタップ、ナップ召喚、サンマとオチャ、スコップをアンタップ

⒅サンマタップ、マナからナップの上にサンマ、自身をマナに

⒆サンマタップ、マナからスコップ、猿をマナに

⒇猿タップ、マナから鎖風車、サンマと猿を回収

(21)バッタタップ、マナから鎖風車の上にバッタ

(22)オチャタップ、サンマ召喚、自身をマナに

→初期盤面。以降#1〜#3を相手の盾と場が無くなるまで繰り返す。

 

《#4マリニャンを出す》

⑴スコップタップ、猿召喚

⑵マリニャンとナップタップ、マナからマリニャン召喚、オバザパーツを出す

⑶サンマタップ、マナからナップ、サンマとスコップ、オチャをアンタップ

⑷サンマタップ、マナからナップの上にサンマ召喚、自身をマナに

⑸サンマタップ、マナからスコップ、猿をマナに

⑹猿タップ、マナからスコップの上に鎖風車、猿とサンマを回収

⑺バッタタップ、マナから鎖風車の上にバッタ

⑻ナップタップ、バッタの上にサンマ召喚、自身をマナに

→⑵でオバザが完成しなかった場合は#5へ。完成した場合はそのままオバザが攻撃して勝ち。相手に禁断がある場合はマナからスコップを召喚してドキンダムをマナに飛ばす。


《#5マリニャンをマナに送る》

⑴スコップタップ、猿召喚

⑵バッタタップ、マナから猿の上にバッタ

⑶サンマタップ、マナからバッタの上にサンマ、マリニャンをマナに

⑷鎖風車タップ、マナからスコップ、サンマをマナに

⑸ナッツの軽減のみを使い1コス軽減で猿とサンマ、バッタをタップ、マナから鎖風車、猿とサンマ、バッタ、ナップを回収

⑹マリニャンタップ、鎖風車の上にバッタ召喚

⑺オチャタップ、バッタの上にサンマ召喚、自身をマナに

⑻スコップタップ、猿召喚

⑼サンマタップ、ナップ召喚、マリニャンとオチャ、サンマをアンタップ

⑽サンマタップ、マナからナップの上にサンマ、自身をマナに

⑾サンマタップ、マナからスコップ、猿をマナに

⑿猿タップ、マナから鎖風車、猿とサンマを回収

⒀バッタタップ、マナから鎖風車の上にバッタ

⒁オチャタップ、バッタの上にサンマ、自身をマナに

→初期盤面。以降#4と#5をオバザが出来るまで繰り返す。

 

 

 

 

 

 

趣味のマークロ『脱法マークロ』

お久しぶりです、杓文字です。

突然ですが霧鮫ハクさんの動画

YouTube

に出演させて頂いたのでそこで使った山について。

 

元々は「スクランブルムソウ」なんて名前があったんですがこれからは「脱法マークロ」に改名していこうと思います。

以下リストと解説です。

 

リスト

f:id:Syamoji:20190430103101j:image

 

f:id:Syamoji:20190430094134j:image

やっぱすごいや

 

f:id:Syamoji:20190430094218j:imagef:id:Syamoji:20190430094225j:imagef:id:Syamoji:20190430094231j:image

全力でスクチェンかムソウを引っ張ってくる

ドレミ24+ヒラメキで動く山からヒントを得た

 

f:id:Syamoji:20190430094349j:image

ロジック系で山を見てスクチェンが盾落ちていた時に引っ張ってくる

盾回収でワンチャンスクチェンが回収でき、そうでなくとも6マナでムソウが出せるようになる

ムソウが既に立っていて盾が0〜1枚ならダーツデリートと同じ要領で狙ったカードを確実に投げられる

 

f:id:Syamoji:20190430094646j:imagef:id:Syamoji:20190430094638j:image

シャブみ

二爪流トレーニングは場のムソウに当てて2連ガチャにしたり空撃ちしてGTのコスト下げたり

 

f:id:Syamoji:20190430094824j:image

色最強のSA付与&メメント突破要員

ムソウが盤面に立ってるなら盾から踏ませてストップトリガーに

 

f:id:Syamoji:20190430095001j:image

見るヘロイン

似たカードにライオネルフィナーレがあるが、刻まれるのを逆用でき、鬼羅丸から出してもcipが使えるのでこちらを採用

 

f:id:Syamoji:20190430095216j:image

ムソウの攻撃中に出るので召喚ロック掛けながらいきなりジャスキル形成

事故った時もJOEから盾全部吹っ飛ばしてなんとかしてくれる

 

f:id:Syamoji:20190430095345j:image

呪文面が攻撃中のムソウを起こせるストップトリガー

クリーチャー面はたまに自身から進化して増殖するほかドンジャングルを超えられる

デルフィンを積むとクリーチャー面がより強くなる

 

f:id:Syamoji:20190430095623j:image

デュエマは頭脳の格闘技!

 

f:id:Syamoji:20190430095847j:image

シャブ

昨日ラグマループとかいう奇怪な代物にこれ4体+GTって盤面作ったけど返されました、こわい

 

f:id:Syamoji:20190430100018j:image

実質単騎マグナム

ジャッジ最強でサブルートになって相手ターン中にトリガーしたら受け札になる

 

 

 

趣味のマークロ『オリジャでガロホループ』

f:id:Syamoji:20181125170328j:image

お久しぶりです。

今回の記事では、マークロループでガロホやHD2などの『非トリガーかつ光魂Goで撃てない呪文』を回すルートを紹介します。

オリジャという比較的強いカードでガロホを回せるのが利点ですが、手順が長く、時間がそこそこ掛かってしまうため時間制限のあるCSや公認などには向かないのが欠点となります。

また、cip無限待機やマナアンタップ、ギフト2回撃ちなどの特殊なルートが盛り沢山なので、基本的なルートを把握されていることがほぼ前提条件となっています。

それでは解説の方へ。

 

 

【初期盤面】

f:id:Syamoji:20181127021845j:image

※画像は例

《手札》:アトラン、マークロ、ミラスタ、作戦、光魂、スイッチ、ホワグリ、シャワー、ギフト、フィニッシュ呪文(今回はガロホ)

《マナ》:「単色トリガー呪文」、「光魂で撃てる単色呪文」、「オリジャと単色クリのセット」を任意の組み合わせで(青+緑+フィニッシュ呪文の色マナ+フィニッシュ呪文のコスト)枚

(今回はアトラン2、シャナバガン、スイッチ3、アゲイン、ロジスパ、オリジャの9枚とする)

《山札》:光魂1のみ

《次元》:プリン、ヴォルグ(超次元呪文を回す場合)

《その他》:ギフト1待機

 

【手順】

非常に手数が多いルートなので以下のようなステップに分けて説明します。

 

①初動

②マナ全回収ループの証明

③cip無限待機の証明

④山札作成とマナブースト

⑤ギフト待機と収束

 

 

▽①初動

 

⑴緑と青を残して6マナ、ガロホ→ヴォルグ

⑵ギフト→6軽減から2コスでマークロ召喚、手札のアトラン、スイッチ、作戦、光魂を宣言

⑶アトラン召喚

⑷スイッチ対象マークロ→ミラスタ

⑸作戦→スイッチ対象アトラン→マークロ、スイッチをボトムへ

⑹光魂1ドローで光魂を引き、手札からホワグリ→プリン、マナからスイッチ回収

⑦アトランcip解決、マークロ以外のクリをバウンス

⑧ミラスタcip解決、墓地からホワグリ、光魂、作戦を回収

※ここまでの盤面

f:id:Syamoji:20181127021909j:image

 

 

▽②マナ無限回収ループの証明

 

⑴マークロcip解決、手札のアトラン、スイッチ、作戦、光魂を宣言

⑵アトラン召喚

⑶スイッチ対象マークロ→ミラスタ

⑷作戦→スイッチ対象アトラン→マークロ、スイッチをボトムへ

⑸光魂1ドローでスイッチを引き、手札からホワグリ→プリン、マナから好きなカードを回収

⑹アトランcip解決、マークロ以外のクリをバウンス

⑺ミラスタcip解決、墓地からホワグリ、光魂、作戦を回収

→⑴へ。これをマナが無くなるまで繰り返す。

※マナ全回収後の盤面

f:id:Syamoji:20181127022728j:image

 

 

▽③cip無限待機の証明

 

⑴マークロcip解決、手札のアトラン、スイッチ、光魂、作戦を宣言

⑵アトラン召喚

⑶スイッチ対象マークロ→ミラスタ

⑷作戦→スイッチ対象アトラン→マークロ、スイッチをボトムへ

⑸光魂1ドローでスイッチを引き、手札からアゲイン。マークロかミラスタのどちらかを対象に。

⑹アトランcip解決、ミラスタをバウンス

⑺ミラスタcip解決、墓地のアゲイン、光魂、作戦を回収

→⑴へ。⑸のアゲインをマークロ、ミラスタ双方に無限回当てることでcipを無限に待機させる。

 

 

▽④山札作成とマナブースト

※以下、最短手順ですが長過ぎるので丸暗記よりも流れを身につけた方がいいです。

 

⑴マークロcip解決、手札のアトラン×2、作戦、シャナバガン、スイッチ×2、アゲイン、オリジャ、ロジスパを宣言

⑵スイッチ対象マークロ、何も出さない

⑶スイッチ空撃ち

⑷アゲイン空撃ち

⑸ロジスパ空撃ち

⑹アトラン×2召喚

⑺オリジャ、マナが0なのでアトラン×2をボトムへ

⑻シャナバガン、アトランとスイッチがマナへ、スイッチ回収

⑼作戦→オリジャ空撃ちからボトムへ

⑽ミラスタcip解決、墓地の作戦とガロホ回収

⑾マークロcip解決、手札のスイッチと作戦を宣言

⑿スイッチ空撃ち

⒀作戦→ロジスパ空撃ち

⒁ミラスタcip解決、墓地の作戦回収

⒂マークロcip解決、手札の作戦を宣言し、墓地のシャナバガン、オリジャとアトランがマナへ、オリジャ回収、シャナバガンをボトムへ

⒃ミラスタcip解決、墓地の作戦回収

⒄マークロcip解決、手札のオリジャ、シャワー、作戦を宣言

⒅オリジャ空撃ち

⒆作戦→オリジャ空撃ちからボトムへ

⒇シャワー、ロジスパを手札、シャナバガンをマナへ

(21)ミラスタcip解決、墓地のシャワーと作戦を回収

(22)マークロcip解決、手札のロジスパと作戦を宣言

(23)ロジスパ空撃ち

(24)作戦→ロジスパ空撃ちからボトムへ

(25)ミラスタcip解決、墓地の作戦回収

(26)マークロcip解決、手札の作戦とシャワーを解決

(27)作戦→アゲイン空撃ちからボトムへ

(28)シャワー、オリジャを手札、ロジスパをマナへ

(29)ミラスタcip解決、墓地の作戦とシャワーを回収

(30)マークロcip解決、手札のオリジャと作戦を宣言

(31)オリジャ空撃ち

(32)作戦→オリジャ空撃ちからボトムへ

(33)ミラスタcip解決、墓地の作戦回収

(34)マークロcip解決、手札の作戦とシャワーを宣言

(35)作戦→スイッチ空撃ちからボトムへ

(36)シャワー、オリジャを手札、アゲインをマナへ

(37)ミラスタcip解決、シャワーと作戦を回収

(38)マークロcip解決、オリジャと作戦を宣言

(39)オリジャ空撃ち

(40)作戦→オリジャ空撃ちからボトムへ

(41)ミラスタcip解決、墓地の作戦回収

(42)マークロcip解決、手札のシャワーと作戦を宣言

(43)作戦→スイッチ空撃ちからボトムへ

(44)シャワー、オリジャをマナ、スイッチを手札へ

(45)ミラスタcip解決、墓地のシャワーと作戦を回収

(46)マークロcip解決、手札のスイッチと作戦を宣言

(47)スイッチ空撃ち

(48)作戦→スイッチ空撃ちからボトムへ

(49)ミラスタcip解決、墓地の作戦回収

(50)マークロcip解決、手札のシャワー、作戦を宣言

(51)作戦→スイッチ空撃ちからボトムへ

(52)シャワー、スイッチをマナと手札へ

→(45)〜(49)をもう一度繰り返す

※ここまでの盤面

f:id:Syamoji:20181127033756j:image

 

 

▽⑤ギフト待機と収束

 

⑴マークロcip解決、手札の作戦とシャワーを宣言

⑵作戦→ギフト、3軽減を待機からボトムへ

⑶シャワー、スイッチをマナと手札へ

⑷ミラスタcip解決、墓地のシャワーと作戦を回収

⑸マークロcip解決、手札の作戦とスイッチを宣言

⑹スイッチ空撃ち

⑺作戦→スイッチ空撃ちからボトムへ

⑻ミラスタcip解決、墓地の作戦回収

⑼マークロcip解決、手札のシャワー、光魂、作戦を宣言

⑽光魂、タップを選択

⑾作戦→光魂、タップを選択からボトムへ

⑿シャワー、スイッチをマナ、ギフトを手札へ

⒀ミラスタcip解決、墓地のシャワーと作戦回収

→初期盤面。ヴォルグループ成立。

 

 

 

 

迫真ヒラメキ部・ルギヌスの裏技 〜邪眼夜行きましょうね〜

気が向いたのでブログ始めてみました、杓文字(しゃもじ)と言う者です。

 

さて、今回は最速3キルの即死コンボデッキ『ヒラメキロマノフ』について色々書いていこうと思います。

寒すぎるタイトルはやれって言われました。

 

上振れなければぽくちんがあまりにも厳しく、どうしても展開に運が絡んでしまうためトーナメントで勝ち上がれるデッキではなさそうですが、一見なんでもない場面からいきなり即死をかけるビックリドッキリメカ感や、プランの切り替えが中々面白いので是非お試しを。

 

それでは本題へ

 

 

【はじまり】

 

ぼく『モンテスロマノフからネオンクスループするゾ』

 

長月抹茶さん(猿ループ作ったすごい人)『もっといいフィニッシュありますよ〜』

 

f:id:Syamoji:20180910035621j:imagef:id:Syamoji:20180910035626j:image

 

ぼく『惚れた』

 

〜数週間経過〜

 

f:id:Syamoji:20180910035746j:image

ぼく『ここまで来たけど上振れ要素が足りない……』

 

 

ぼく『ん???』

 

f:id:Syamoji:20180910035839j:image


f:id:Syamoji:20180910035837j:image

※画像提供:ちょーばるさん

 

f:id:Syamoji:20180920194640j:image

 

ぼく『決まってしまった……』

 

 

 

【各カード解説】

 

f:id:Syamoji:20180920200036j:imagef:id:Syamoji:20180920200052j:image

 

多色ではあるものの、2コスクリーチャールーターで一番テキスト強いのでこれを選択。

引けないと終わりなので最大枚数。

ヒラメキのシャッフルが絡んだ際に山把握出来る可能性があるのでアツトのバージョンはバラしましょう。

 

 

f:id:Syamoji:20180920200518j:image

 

お手軽6コスクリ。

ボーン踊りよりも最大値が大きく、晩餐が上手いこと使えるので選択。

引いてしまったり、盾に落ちてしまったカードを山に戻すだけでなく、ボトム固定も出来る。

対面がミクセルがある山なら2ターン目に投げてしまった方が良いことが多いが、トップ多色やシャコをケアするために3ターンキャストが基本。

これによってハンド枚数と5マナさえあれば墓地0からでもワンチャンが生まれる。

 

 

f:id:Syamoji:20180920201848j:image

 

墓地が弱くても勝てる不思議なカード。

ジャスティスからこれを唱えた時、見ている他の4枚は墓地に行かないことに注意。

 

 

f:id:Syamoji:20180920202013j:image

 

起爆剤兼ストック維持兼フィニッシュパーツ。

現在4投できるカードの中で、ストックが途切れないコンボデッキの起動役としてはおそらく最軽量。

シスKからブライゼ以外の6コス投げて勝ってみようとしたものの、上手くいかなかったので肉汁からの6→7で一番起動条件の易しいロマノフを選択。

アツトと同じく、バージョンバラし推奨。

 

 

f:id:Syamoji:20180920203309j:image

 

ストック維持。

殿堂で良かった。

 

 

f:id:Syamoji:20180920203335j:image

 

ストック維持兼山回復。

ループではないので3投でも問題ない。

 

 

f:id:Syamoji:20180920203447j:image

 

ストック維持兼サブルート。

手札に肉汁晩餐が揃わなさそうな時、揃ってもメリットがない時はこちらにスイッチ。

これがあるため、ハンドの枚数を要求するタイプのコンボデッキとしては珍しく、トップからのワンチャンを狙いに行くことが出来る。

クリーチャー面は、先手肉汁ヒラメキか後手肉汁晩餐からの3キルや、地味に強いハンデスとして使用可能。

極めて有用なので最大枚数。

 

 

f:id:Syamoji:20180920203733j:image

 

エクストラウィンするトリガー。

シャコイワシンフィニッシュはザビミラフィニッシュと違い、ルギヌスのアタックトリガーを必要としないためここから勝てる。

割とアツトを釣るのも強かったりする。

 

 

f:id:Syamoji:20180920203914j:image

 

山掘るマン。

墓地にパーツが落ちてから呪文を唱えられるため、ジャスティスよりも墓地が増えにくい早期起爆に向いている。

5枚アツトノロンが捲れても台パンしないように。

 

 

f:id:Syamoji:20180920204258j:image 

 

ロマノフと似てるやつ。

こちらは山が5枚以下の時に出しても死なないのが強み。

5n+待機イワシン枚数以下の山札を作れなかった時に必要なので採用。

割とかさ増しになるのが強かったりする。

 

 

f:id:Syamoji:20180920204512j:image

 

ストック維持兼シャコの土台。

晩餐でロマノフ破壊から出てきてロマノフを釣ってくる他、フィニッシュ時にはこれ破壊からシャコになる。

途中でストックが止まっても、次のターンにアタックトリガーからワンチャンがある。

ロマノフからなるべく捲れて欲しいため最大枚数。

 

 

f:id:Syamoji:20180920204802j:image

 

ルーター兼フィニッシュパーツ。

待機したイワシンを使用してシャコの山回復前に山を引き切る。

ルーターとして優秀で、ロマノフを繋げている時にも使用可能なのが強い。

2以下だとまともにルーターとして切れないので3以上は積むべき。

 

 

f:id:Syamoji:20180920204952j:image

 

エクストラウィン。

カマスミクセル貫通のフィニッシュ手段の中では一番構築の制限が少ない。

ストックが止まってしまっても早い段階で立つこれの威力は中々。

ガデスがないため、ブライゼによるトリガーからのロマノフストック維持が難しいためこちらの枚数を増やして盾落ちをケア。

早く見えることで安心してエクストラウィンを狙いにいけるようにもなる。

 

 

【フィニッシュまでの山作り】

 

山札の枚数は5の倍数基準で考えましょう。


ジャスティスが見えている時》


①ロマノフを繋げているどこかのタイミングで復元→復元→なにかと動いてボトム周辺に復元を用意する


②そのままロマノフやジャスティスをつなげていき、山札が2枚以上5枚以下になったらジャスティスで復元→晩餐、ルギヌスをシャコに、イワシン解決で勝利

 

 

《見えていない時》


①山札を「5の倍数-待機しているイワシンの数」という状況からロマノフで復元→復元→晩餐と動く


②そのままロマノフを繋げていき、山札が最後の6枚になったらロマノフで晩餐、ルギヌスをシャコガイルにしてイワシン解決で勝利


と動きましょう。

 

 

【あとがき】

 

自前のブログとしてははじめての記事でした。

 

肉汁晩餐はともかく、シャコイワシン自体はジャスティスやロマノフ系のフィニッシュとしておそらく一番総合力では優れているのかなと思います。

 

また、晩餐をヒラメキに置き換えたものが殿堂ゼロでは面白いかもしれませんね。

 

まだ行間隔や画像のサイズがイマイチよくわかっていないので是非コメント欄で指摘をお願いします。

 

スペシャルサンクス】

 

・長月抹茶さん(シャコイワシンフィニッシュ考案)

Twitter:https://mobile.twitter.com/nagatsukimattya

 

 YouTube:https://m.youtube.com/channel/UC3RwEXLqo8V_J8fhuz5HV-Q

 

・ちょーばるさん(画像作成)

Twitter:https://mobile.twitter.com/tyobaru_ch

 

 YouTube:https://m.youtube.com/channel/UCbewyjXABQA7yc4yKW2D_Qg

 

 

【ブログ主】

 

杓文字

Twitter:https://mobile.twitter.com/syamoji_fish

 

あんまりやらないYouTube:https://m.youtube.com/channel/UCe8Uz0xiEJ7nG0bpnqKaLNw